シェアする

危険すぎな街中の無料Wi-Fi

  • ファビコン Windows 10、今春に新元号「??」が実装 - 財経新聞 NEW!
  • ファビコン MicrosoftがWindows 10 Updateで人工知能プラットフォームを組み込み - InfoQ Japan NEW!
  • ファビコン Windows10のアップデート 延期の理由は異常状態もたらすバグか ... - livedoor
  • ファビコン MSが多機能メモOneNoteの「分岐」を整理、Win 10付属版が主軸に。Office付属の2016は開発終了へ - Engadget 日本版
  • ファビコン Windows 10がYubicoのSecurity Keyでパスワード不要のログインをサポート - TechCrunch Japan
  • ファビコン 複雑怪奇? Windows 10の大型更新とサポート期間を整理する - @IT
  • ファビコン 放っておくとPCの“賞味期限”が切れる!? 情シスを悩ませる「Windows 10 ... - ITmedia
  • ファビコン 数日ごとに使えなくなるBluetooth、Windows 10にこれからも働いてもらうために…… (1/2) - @IT
  • ファビコン 「Windows 10」でより多くのLinuxディストロを稼働させるための新ツールが公開 - ZDNet Japan
  • ファビコン Windows 10のユーザーアカウント制御(UAC)無効化でUWPアプリが使えなくなる理由は、セキュリティではなかった? (1/2) - @IT

記事を読む

20180127041621

カフェのような飲食店や駅構内などに「無料Wi-Fi」が設置されることはもはや定番と言っていいだろう。その名の通り、誰もが自由に使える公衆無線LANサービスだ。

暗号化されていない無料Wi-Fiは超危険

暗号化されていない状態でオンラインバンキングにアクセスしたり、ECサイトでクレジット決済をしたりするのはなんとしても避けたい。
同時にSNSをはじめとする各種ウェブサービスのアカウント情報を盗まれると、本人になりすました第三者に悪用する可能性も否めない。

暗号化されていても油断できない

無料Wi-Fiにはちゃんと暗号化キーが設定されていて(店舗の壁にSSIDと暗号化キーが書いてあったりすることが多い)、ユーザーは暗号化キーを入力してから利用する必要がある。
その1つに「ARPスプーフィング」という手法がある。

なりすまし無料Wi-Fiの恐怖

SSIDと暗号化キーが公開されているのだから、自前で用意したアクセスポイントにその情報をそのままコピーすれば、まるで同じ無料Wi-Fiが完成する。それなりに面倒な手法ではあるが、どうしても特定の第三者の通信を傍受しようと画策するなら、やってできない手法ではない。

そこで活用していただきたいのがマカフィー リブセーフのAndroidスマホ版だ

キケンが多い無料Wi-Fiではあるが、まったく使わないというのももったいない。特に外出先でのギガの減りが気になるスマホでは、Webを見たり動画を楽しんだりするような、個人情報が漏れにくい使い方をするならぜひとも使いたいものだ。そこで活用していただきたいのがマカフィー リブセーフのAndroidスマホ版だ。

 マカフィー リブセーフをAndroidスマホにインストールして常駐させておけば、「Wi-Fiセキュリティ」機能によって、暗号化キー(パスワード)の設定されていないWi-Fiに接続しようとした場合に警告が表示される。またネットワーク内でARPスプーフィングを検知すると、警告表示と共に即座に通信を遮断してくれるのだ。

20180127042338

パソコン(PC)・スマホ・タブレットのセキュリティソフトは「マカフィー リブセーフ」。PCやスマートフォンなどマルチデバイスに対応したセキュリティソフトの決定版です。大切なデータ、個人情報を究極のセキュリティで保護します。
多くの人を惹きつける都会のオアシス無料Wi-Fiにもサイバー攻撃の罠は張り巡らされている。しかし防御方法も存在する。Wi-Fi専用のセキュリティ機能でモバイルライフを充実させよう。
タブレットの今日の人気記事

まだデータがありません。

他カテゴリの今日の人気記事
ブロガー用

ブログ管理者などによく売れてる本です
パソコンやスマホをお持ちの方に人気です