シェアする

Firefoxのページ読み込みが遅すぎるのでやったこと

  • ファビコン 「富士通が実践するテレワークのすすめ」――Windows10移行を機に始めるワークスタイル変革セミナーを福岡で開催 - EnterpriseZine NEW!
  • ファビコン Windows 10+Edgeが「パスワードなしにサインイン」に正式対応。生体認証やセキュリティキーを使用 - Engadget 日本版 NEW!
  • ファビコン ARM版Windows 10向けChrome移植にマイクロソフトが協力しているとのうわさ - Engadget 日本版 NEW!
  • ファビコン Windows 10最新版(バージョン1809)でiCloudの使用に不具合。対象ユーザーへの更新をブロック中 - Engadget 日本版 NEW!
  • ファビコン Windows 10の普及が進む結果これまであまり知られていなかった不都合な仕様が話題に - Yahoo!ニュース 個人
  • ファビコン ARM版Windows 10向け開発ツールとSDKを正式リリース。Microsoft Storeに提出も可能に - Engadget 日本版
  • ファビコン 「Windows 10 October 2018 Update」一般提供再開 - ITmedia
  • ファビコン Windows 10向け「Alexaアプリ」が公開 コルタナさんの影が薄くなる - Engadget 日本版
  • ファビコン Windows 10のライセンス認証が正当なユーザーなのに拒否されてしまう事態が発生 - GIGAZINE
  • ファビコン 最新版! Windows 10の「クライアントHyper-V」の新機能 - @IT

記事を読む

Firefoxは今までにも何度かトラブルなどで困ったことありますがいまだに手放せない。
今回は特定のページ(アドセンス系の広告のあるページのみ)の読み込みが遅すぎるので改善出来ないかと試行錯誤でやってみたのを書いて行きたいと思います。
最初にこのような記事を目にしました。

長期間Firefoxを使っていると、キャッシュがたまってどんどん遅くなってきてしまいます(これはFirefoxの仕様です)。
特にplaces.sqliteファイルはどんどん肥大化していき、数MB~数十MBまで膨れあがっていきます。こうなってしまうと、インストール初期の頃に比べて、Firefoxのパフォーマンスは相当落ちています。そこで、places.sqliteファイルを削除し、すっきりクリーンにすることで、動きが元の通り速くなる、というわけです。
places.sqliteを削除することによって、閲覧ページの履歴、faviconなどのキャッシュが削除されます。
パスワードやお気に入りは削除されません

これは全然知らなかったことなので早速やってみようと思いましたが
places.sqliteのある場所が分かりませんでした。

調べてみると
「ファィル名を指定して実行」に「%appdata%」を入力すれば
Mozilla→Firefox→Profiles→xxxxx.default の中にPlaces.Sqliteが出てきました。

早速削除してFirefoxを再起動したらfaviconも全部なくなり寂しくなりました。
でも今まで新しいfaviconに変えてもなかなか反映されない状況だったので良かったです。

でも肝心の特定のページの読み込み速度は変わりませんでした。
因みにそうでないページは早いですよ。
それとIEだと全然問題なく早いので広告側のサーバーにも問題あるとは思いません。
同じネットワークで違うPCだとFirefoxでも早く表示されます。

話は戻りますけど「Places.Sqlite」を削除してもすぐに元のサイズに戻るので何度もやる必要はないかと思います。
faviconもまたなくなりますから。
そんな状態だったんで「SpeedyFox」を導入しました。
これは超便利でワンクリックで完了です。
「Places.Sqlite」も削除ではなく減量してくれるのがありがたいです。

20150217145136

20150217145408

今回の症状はSpeedyFoxを導入しても変わりませんでしたが超便利だったので他のパソにも導入しました。

アバウトコンフィグから設定すること

FireFoxのアドレスバーに、「about:config」と打ち込んで、警告文とか全部無視する。

network.http.pipelining→「true」
network.http.proxy.pipelining→「true」
network.http.pipelining.maxrequests→「8」
browser.cache.memory.enable→「true」
 →右クリック→「新規作成」→「整数値」
 →browser.cache.memory.capacity→数値入力
※搭載メモリが1GBの場合:16384
※搭載メモリが2GBの場合:32768
※搭載メモリが3GBの場合:49152
※搭載メモリが4GBの場合:65536

のように書かれていましたが現時点のFirefox35.0.1だと少し項目内容が変わっていました。

考えてみると違うパソだと早く表示されるんだから根本的におかしくなってると考えて
Firefoxをアンストしました。
その際APPDATAのFirefoxを丸ごと削除してからインストで綺麗さっぱりです。
これでかなり効果があってかなり安定して表示されるようになりました。

これまでの話は
places.sqliteの削除とある場所
SpeedyFoxの導入
APPDATAのFirefoxを丸ごと削除

Firefox35.0.1
アドオン全てなし
windows8.1
です。

注意
Firefoxをアンストするとお気に入りもなくなるのでバックアップを必ず取ってください。
20150217151258

ブラウザの今日の人気記事

まだデータがありません。

他カテゴリの今日の人気記事

まだデータがありません。

ブロガー用

ブログ管理者などによく売れてる本です
パソコンやスマホをお持ちの方に人気です